邪馬台国に行きましょう#2

写真家 コバヤシモトユキ / モデル ゆきめ

                         

 

 

 

邪馬台国に行きましょう#2

Another DREAM HORIZON

不思議な人に出会った

過去か未来か何処に生きてるのかわからない。

不思議な人。

自分とはこのプロジェクトがなかったら絶対知り合うことのなかった人。

現在か過去かどこを生きているのかわからないのは自分なのだろう。

人は皆、時間旅行をしているのかもしれない。

明け方の刹那の幻想なのだと思う。

演者 ゆきめ

 

作品、DREAM HORIZON は邪馬台国、現在に残る太古の遺構を組み合わせて理想の邪馬台国を構築するというプロジェクトです。

ここではポートレートに特化してスピンオフ版とも言える

”時間旅行 邪馬台国に行きましょう”を連載させていただきたいと思います。

 

写真家 コバヤシモトユキ

邪馬台国に行きましょう

写真家 コバヤシモトユキ / モデル ゆきめ

                                                 

 

邪馬台国に行きましょう#1 

Another DREAM HORIZON

作品、DREAM HORIZON は邪馬台国、現在に残る太古の遺構

それらを組み合わせて理想の邪馬台国を構築するというプロジェクトです。

ここではポートレートに特化してスピンオフ版とも言える

”時間旅行 邪馬台国に行きましょう”を連載させていただきたいと思います。

もし隣の人が卑弥呼だったら?

大切な人って案外近くにいるのかもしれませんね

これがこの作品のメッセージです。

みなさんも隣の人、大事にしてあげてくださいね

演者/ゆきめ

 

 

写真家 コバヤシモトユキ

海と、「彼女」と、

写真家 冨田真佐子 / モデル naomi

                                                   

Not everything you see is always true.

写真家 丸谷嘉長 / モデル 森岡豊

青森

遡ること10年ほど前、津軽三味線の演奏を耳にした。

艶やかで切なく、楽曲のようで叩き声のような響き。

それは、胸の奥に詰まる何かを洗い流してくれるような爽やかさがあった。

妬みや嫉みの感情までもが、変調する旋律から感じとれる。

ふっと亡くした父さんを思いだした。

柔らかくも厳しい、愛憎にも似た感情。

そんな思いを抱いて撮影の旅に出た。

冬の津軽の天気は、雨が降ればいきなり晴れる。

地吹雪かと思えば真空の静寂さが訪れる。

津軽じょんから節そのものだ。

訪れたことがない場所に、父さんとの思い出を探しながら奥へ奥へと向かう。

津軽三味線の音色はビジュアル的である。

失った時間を取り戻すのが写真だ。

津軽平野の重たくも優しいフィールドに触れたとき、父さんから頭を撫でてもらった気持ちになった。

 

 

写真  丸谷嘉長

モデル  森岡豊(ruby-sue) @yutakabob

Hair&Make  佐藤寛(KOHL)

協力  森裕資

 

『つばさのキモチとカタチと〇〇と』 陽

写真家 栗山秀作 / モデル 葉月つばさ

「君が抱える日々の不安や生きる楽しさ、辛さ、抑えられない色んな欲望を体ひとつで表してみてほしい。」

とだけ僕は彼女に伝えました。

あえて被写体と至近距離の世界のみで撮影して写った写真達を後で繋ぎ合わせてみて何が浮かび上がるのか。

全体像が写ってなくても紛れもなくそこにあるのは『彼女の気持ち』、『彼女の欲望』そのものです。

接写の関係で切り取られた写真は時に全体の事柄を詳細に写し込むより饒舌にソレを伝えてくる。

写真とは本当におもしろいものです。僕のごくごく個人的なこの実験的作品撮影に快く賛同してくれたつばささんには感謝しかありません。

ほんとうに、ありがとう。

『つばさのキモチとカタチと〇〇と』は、下記の合同写真展に向けて撮り下ろした実験的作品です。

陰、陽、の全二回です。陰陽すべてを一枚に集約し銀塩プリントした作品を写真展に出させて頂きました。

お時間ある方は、是非、赤坂のBAR 山崎文庫さんでお酒と写真を楽しむ体験などいかがでしょう。

 

NegativePop Group Photo Exhibition

-置き去りの記憶- Behind of Memories

3/4 Mon.~3/30 Sat. 

https://negativepop.net/2024/02/19/photoexhibition_20240304/

 

【Model】葉月つばさ

グラビアアイドルとイラストレーターとして活動しています。

最近はエロ漫画を執筆中で、年内には発表したいと思っています!

158cm     B84.W60.H90

趣味   エロ漫画鑑賞、サイクリング、パン屋巡り

特技   イラストや漫画制作、ドット絵

好物  ハードパン、グミ、寿司

座右の銘  好き放題大暴れ

Instagram

https://www.instagram.com/2basa_kodama/

Twitter

https://mobile.twitter.com/2basa_kodama

YouTube

https://youtube.com/@2basa.kodama?si=5jiGH1FQ8ya8Mo5j

ファンクラブ

https://kodama616.fanbox.cc/posts

 

someday,someone

写真家 和田浩 / モデル 有咲木乃夏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンバスは描く人の気持ちを全て受け止めてくれる。

好き勝手に思い描いてみる。

そこには、光が染めるもう一人の自分がいる。

ふと立ち止まってみる。

次はどこに向かおうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有咲 木乃夏  Konoka Arisaki

instagram

2004年 6月8日生まれ

出身地:埼玉県

身長 :1 6 7 c m

趣味:韓国語(日常会話)、お菓子作り

特技:アルペンスキー

 

Works

Movie

2024「恋わずらいのエリー」

2023ショートムービー「Cafe Andmo」

2023「海の夜明けから真昼まで」

CM

2024「ハウジング重兵衛」

2023 「帝人」

2023「東京ドームシティアトラクションズ」

2023 「みんパピ!/Take Canser to save Us 知るというがん予防」

2022~ 「KANBI関西美容専門学校」メインビジュアル

Photographer  和田 浩

Hair&Make   高部友見

衣装協力   三矢真理恵  “Plant based artist”

White Un Line

写真家 大江麻貴 / モデル

White Un Line          心が動く瞬間 人を動かし、感情が溢れる 生きていればいろなところに運ばれ 湧き上っては、行き場をなくして うっすら霞んでいく 残しておきたい瞬間もある 輪郭は失われていても あたたかいエネルギーを感じて 心が安らかになる そんな存在に救われる

ツラの皮

写真家 WAKIHIDEHIKO / モデル 八田紗季 

           

歳を重ねいつかは訪れる死

 

           

         

その時私は

どんな顔をしているのだろうか

           

           

積み重ねた

             

     

         

たくさんのツラの皮

                

       

    

     

   

             

     

あなたは今

どんな顔を

していますか?

               

             

撮影:脇秀彦

モデル:八田紗季

ヘアメイク:山本明季

タイトルデザイン:星川雅未

 

八田紗季 

Right

写真家 嵯峨倫寛 / モデル

 

 

 

「 Right 」

 嵯峨倫寛