toggle
2019-04-21

橋本真実 「壊す女」 Scene4

↑クリックすると動画をご覧頂けます。

 

 

12歳のとき、原宿でスカウトされた。

演技経験などなかったけれど、2回目に受けたCMのオーディションに合格した。

撮影当日、スタジオに入り、眩しいほどの照明が当たっている場所に立つ。

緊張感などまったくない。

自分の中から自然に出てくる“これが私”“私はここにいる”という気持ちだけで動いていた。

演技が上手いとか下手とかではない。

“自分がその空間に溶け込んでいる”という心地良さ……それが、とても楽しかった。

しかし、歳を重ねるごとに、いろいろな経験が自分の演技を少しずつ変えていく。

“これが私”という気持ちだけではダメだ。

他人から私はどう見えているのだろう? 今の演技はどうだったかな?

もっとたくさん映画を見なくてはいけない。もっとたくさん舞台を見なくてはいけない。

映画や舞台を見ているだけではダメだ。もっと体を動かそう。ダンスを習おう。

「舞台の反対側からはどう見えているのだろうか?」。そう思い、演出家の助手をしたこともあった。

経験を積むうちに、自分に対する評価がどんどん厳しくなる。

「この演技は違う」「まだまだ私は演技が下手だ」といつも自分に怒っていた。

でも、最近になってふと気づいた。

初めてCMに出た時の、あの楽しさはなんだったのか?

だから、今回の撮影では、“いま、自分はここにいる”“これが私”という気持ちを強烈に感じようと思った。

原点に帰ってみたいと思った。

これまでの経験を一度、壊して。

“無理をしていない”“飾っていない”自分をさらけ出してみた。

 

 

出演/音楽
橋本真実
1984年1月30日生まれ、東京都出身。

主な出演作は、NHK土曜時代劇「ぬけまいる」、TX「特命刑事 カクホの女」、TBS「アンナチュラル」、EX「相棒 season15」、CX「探偵の探偵」、映画「ロクな人生」、舞台「わらいのまち」など。
2019年4月21日スタートのTBS日曜劇場「集団左遷!!」に出演。

Instagram:@mamihashimoto_official

 

 

撮影 野﨑慧嗣

ヘアメイク junco kobayashi

インタビュー 村上隆保

関連記事